治験会社の薬剤師の仕事

薬剤師の仕事の中の治験に関して紹介したいと思います。

私自信も治験!?って何って感じ(笑)なので、”治験とは何かから
紹介したいと思います。

新しい薬を開発するためには、、
人間での効果や安全性を調べる必要があります。
人間での効果やや安全性を調べる試験を一般的に「臨床試験」と呼んでおり、
薬として承認をもらう臨床試験のことを”治験”と呼んでいます。

治験の期間は、3~7年が必要になります。

・治験で良く聞く、CRO・SMO・CRC

CROとは、、、

製薬会社から頼まれた治験業務を具体的に計画・実行し、
データの回収・解析を行って製薬会社に結果を報告する機関になります。

SMOとは、、、
治験の協力を依頼し、被験者の選定などさまざまな業務を行い、
治験をサポートする機関です。主に医療機関になります。

CRCとは、、、
SMOに所属し、治験業務を効率良くコーディネートする業務を担っています。
医療機関で被験者のケアや服薬指導、医師サポート、製薬メーカー等の外部企業との調整役を担います。

治験で働いている薬剤師は多く、比較的女性の方が多いですが、病院に出向したり、全国の色々な病院に出張に行ったり、かなり拘束時間が長く、大変な仕事です。

そのため、結婚して治験会社で勤務できないため、転職して家の近くにある調剤薬局で比較的融通の利く時間で勤務するという方が多くいます。

MRの薬剤師の仕事

MRは、病院や薬局に行き、医師や薬剤師に医薬品の効能やメリットデメリットについて、
情報提供をおこうなう仕事です。

MRは、薬剤師でなくてもする事が出来ますが、
医師や薬剤師は、MRが薬剤師のほうが心を開いてもらいやすかったり、
信頼してもらいやすいメリットがあるため
製薬企業は、薬剤師を欲しがっています。

また、MRになるためには、試験が必要ですが、
薬剤師の場合は、その試験の1部が免除になります。

クリニックや診療所を訪れる場合は、
休憩時間がありますので、ゆっくり説明する事ができますが、
総合病院や大学病院などは、先生も忙しいため、なかなか説明できる機会が少なく、
ポイントで伝えるという形が多いです。

また、最近は病院や医院の近隣に調剤薬局がある事が多く、
処方箋を渡すのは、調剤薬局の薬剤師が多いため、
薬剤師に説明する機会も多いです。

MS(医薬品卸)との関係も重要になってくる事も多く、
MSはMRよりも多く医療機関や薬局に訪問している回数が多いため、
医師の治療方針や医院に来る患者さん・医院の事情を詳しく知っているケースが多いです。
そのため、医師や薬剤師につながりを強くするために、
MSの方と仲良くなる事は重要です。

MRは給与が高く、一般的な薬剤師に比べると50万~100万円近く高く、
その部分では非常にメリットとしてありますが、
残業や拘束時間が長ったり、全国転勤やノルマ等があり、なかなかハードです。
あまり、薬剤師で40~50代までMRをしているという方は少なく、
ほとんどの薬剤師が、20代・30代で転職して、調剤薬局や病院に就職したり、
MR時代に仲良くなった医師が開業する時に、一緒に独立して自分で調剤薬局を開業するという方も多くいます。

ドラッグストアの仕事内容

■ 薬剤師の仕事場 ドラッグストア編
今回は、ドラッグストアの仕事内容に関して説明したいと思います。

ドラッグストアで薬剤師が必要となるのは、
第1類の大衆薬を扱っている店舗
調剤を扱っている店舗
の2種類になります。

勤務時間は、正社員の場合は、
年中無休で
9時00分~22時00分頃まで
シフト制になっており、1日8時間勤務×週5日で
勤務時間は固定されています。

土日祝休みが関係なく、友達と休みが合わせずらいのは大変ですが、
その分給料は、調剤薬局に比べると高いです。
30歳 だいたい550~650万円くらい

仕事内容は、ドラッグストアの方針によって様々ですが、

・薬の説明
第1類は、冊子を見せてお客さんに薬の説明をしないといけません。
また、お客さんから薬の副作用や薬の併用等聞かれる場合もあります。

・薬の発注
薬が無くなった場合は、発注する事もあります。
中かには、在庫を確認して自動で発注するケースもあります。

・在庫確認
第1類の薬以外にも、医薬品の在庫確認も行います。

・品出し
薬のもちろんですが、ドラッグストアによっては、サプリメントや健康食品・生活用品・食品の品出しするケースもあります。

・商品案内
お客さんから、薬以外にも○○の商品はどこ?など聞かれる場合があります。

・調剤
調剤併設のドラッグストアの場合は、お客さんが医療機関からもらってきた処方箋を調剤します。

ドラッグストアによっては、薬剤師の仕事内容が様々です。
お休みは不定期だったり、拘束時間が長かったりで大変ですが、給料が良いので
もしお金を稼ぎたいっ!!って言う人にはぴったりです。

病院での薬剤師の仕事

病院での薬剤師の仕事内容ですが、

病院の中には、薬剤部というのを目にした事があると思います。
先生に見てもらい、受付を済ませたあと、
処方箋を渡し、薬をもらう場所です。
結構、大忙しに仕事をしていると思います。
しかしながら、薬剤師の仕事は薬剤部の中だけ外来の調剤をしているだけではありません。
外来の患者さんの他に入院している患者さんもいます。
その患者さんの調剤をして、服薬指導も行わなければなりません。

実際に、病院の薬剤師は、どんな仕事をしているのか、説明していいきたいと思います。
・外来患者の調剤⇒監査⇒服薬指導
調剤:病院の医師から処方された薬を調剤します
監査:薬の飲み合わせや量・飲み方・数などをチェックします
服薬指導:調剤した薬を患者さんに説明します

・入院患者の調剤⇒監査⇒服薬指導
調剤:病院の医師から処方された薬を調剤します
監査:薬の飲み合わせや量・飲み方・数などをチェックします
服薬指導:病棟まで行き、調剤した薬を患者さんに説明します
説明が難しい場合は、ご家族の方や看護師に説明します。

・注射剤(混注剤)の調剤
医師から処方された内容をもとに、投与量・速度等などのチェックを行い注射薬の調剤を行います。
注射剤は作用・効果が強いものが多く、クリーンルームで調剤される事が多いです。
この混注は、調剤薬局ではあまり行われる事がありません。

・薬品管理
医薬品を扱っているため、病院内にすべての薬品の管理が必要になります。
医薬品は、しっかり品質の管理をしないといけないので、
温度や湿度・光までもチェックしないといけません。
また、麻薬、覚醒剤・向精神薬など、法的な管理も行う必要があります。

・治験
治験を行っている病院では、
新しい医薬品の効能・副作用の情報を収集し、管理・報告をする病院もあります。

薬剤師の仕事場

薬剤師の仕事は様々ありますが、

一般的ななところですと、
・病院
・調剤薬局
・ドラッグストア
・製薬メーカー

この4つくらいが有名だと、思いますが、
そのほかにもいろいろとあります。

治験の会社
これは、治験を行う患者さんに説明したり、治験が正しく行われているか、
チェックする仕事です。

行政機関
医療機関で正しく薬を使っているか、チェックしたり、
薬の指導を行ったりします。
また、保健所や麻薬捜査官や自衛隊など、薬が使われる所は薬剤師が必要となります。

メーカー
薬品を使うメーカーは、薬品が正しく使われているかどうか、
管理はしっかりしているのか、
書類を提出するために、薬剤師が必要となります。

倉庫
医薬品を管理していたり、発送元となる倉庫では、
薬品の品質管理の書類を提出するため、薬剤師が必要となります。

医薬品の原材料・製造会社
医薬品の原材料やそれをもとに医薬品などを製造する会社にも薬剤師が必要となってきます。
医薬品を管理するため、薬剤師がいなくてはいけない事と、書類申請等があり、薬剤師が必要となります。
原材料・製造会社は、1人いれば良く、勤務時間も17時頃までで、土日休みの場合が多いため、
非常に人気が高く、なかなか求人はありません。

薬剤師の職場探しに悩んだら薬剤師求人 転職 ファーマシストジョブ